美しい組版

美しい組版で文章の「読みやすさ」を実現いたします

当社は、創業時から頁物活字組版に携わってまいりました。時代が移り、組版技術は大きく進化し、今では誰でもパソコンがあればWordやExcelなどを使って簡単に文章などを作ることができるようになりました。しかし、それはあくまで便宜的なもので、伝統ある日本語の「組版」とはほど遠いと言わざるをえません。
これからも当社は、お客様の想いをできる限り反映し、読みやすく美しい「組版」という形で表現いたします。
そのために当社は、伝統ある組版技術を受け継ぎながら、常に技術の変化に対応した現代の「組版」を追い求めてまいります。

読みやすく美しい組版を実現いたします

読みやすさを考えたレイアウト

本を作っていく上で大切である文章を分かりやすく、読みやすく表現するためには、活版印刷で培われてきた文字組版の技術・感覚が欠かせません。
天地左右の余白はどのくらいとれば落ち着くか、行と行との隙間はどのくらい開ければ読みやすいか、見出しの前後のアキはどのくらいが適切か、など、文字と余白のバランスを細かく調節していくことで紙面全体を見渡したときの見た目に大きな差が出ます。
当社では、活版印刷時代から受け継がれてきた組版技術を現代のDTP上にも応用することで、可視性の高い「美しい組版」を実現しています。

組版前組版後

▲クリックすると、拡大画像がご覧いただけます。

数式表現への対応

多言語への対応

当社では、伝統ある日本語の組版とともに、日本語以外の論文も数多く手がけており、外国語独特の組版のノウハウも豊富です。英語、イタリア語、スペイン語、フランス語、中国語、韓国語など様々な言語での組版対応が可能です。
また、人名漢字などの異体字や、簡体字、古英語、チュノム文字などシステムにはない文字についても外字として豊富に所有しており、違和感のないきれいな組版を実現しています。また、必要に応じて新たな外字の作製にも対応いたします。

多言語への対応
多言語への対応

印刷物データの有効活用

当社では、印刷物作成の為のデータをCD/DVD、Web、電子書籍、データベースといった他の様々な媒体にデータを有効活用出来ます。

印刷物データの有効活用

専任の編集校正部門を設けております

当社は印刷業界では数少ない、専任の編集・校正部門を設けており、永年にわたって高い校正技術を蓄積してまいりました。初校・再校にかかわらず、必ず内校正してから出校しております。執筆者の用語の不統一やうっかりミスなどを見逃さず、高い誤植発見率で美しい「組版」を支えております。

「印刷物を美しく組版・印刷してほしい」等のご要望、その他ご質問は、当社までお気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:03-3844-3855

営業時間 : 8:30 〜 17:00 月〜金(祝日を除く)

営業時間外はお問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡させていただきます。

組版・印刷(書籍・記念誌等)の外為印刷へのお問い合わせフォームはこちら